Google AdSense


A8.net

« ロードバイクフォークブレーキ取り付け穴周辺☆傷補修塗装 | トップページ | GIOSロードフレーム傷補修塗装 »

2018年3月 6日 (火)

トーハク特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」行ってきました

会期終了が目の前ですが仏像見たさに、
上野の東京国立博物館へ「仁和寺と御室派のみほとけー天平と真言密教の名宝ー」の展覧会に行ってきました。
会期は今月3月11日(日)までです。
Kimg7881
因みに「ユリノキちゃん」の”ユリノキ”とはトーハクにある(後ろの)大木です。

みどころは、制作年がはっきりしているもので日本最古平安中期の国宝、阿弥陀如来坐像。それから、奈良時代の国宝千手観音菩薩坐像です。
写真は撮れませんでしたが、噂通りの迫力と素晴らしさでした。
↓写真撮影可能エリアで撮影したものです。
Kimg7858

Kimg7869

仁和寺の普段は非公開の観音堂の安置仏33体と、高精細画像で再現された様相を、さも境内に居るような錯覚をしてしまう不思議な感覚で見せていただきました。
Kimg7873

Kimg7878

平日だったのですが年配のお客さんの多さに驚いてしまいました。
それだけ見る価値のある展示なのですね。
ご興味のある方は是非に~。
 
 
 
 
自転車補修塗装・名入れ等、メールでのお問い合わせ&お見積もり受付中!

施工箇所の写真の添付をお願いしますconfident

MAIL⇒nyansama_kikou@nifty.com

状態を見てみないとわかりませんので、お電話でのお見積もりは行っておりません。。

以前の自転車補修blogは⇒自転車 カテゴリーへ。
 
 


人気ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へブログ村  
ポチッとよろしく!ココログ

« ロードバイクフォークブレーキ取り付け穴周辺☆傷補修塗装 | トップページ | GIOSロードフレーム傷補修塗装 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私も「仁和寺と御室派のみほとけ」展を見ましたので、楽しくブログを拝見しました。一般非公開の修行道場 「観音堂」を特別に再現は、中央の千手観音菩薩立像をはじめ、二十八部衆立像や風神・雷神立像など、33体の仏像に囲まれた荘厳な雰囲気が体験できてよかったと思いました。京都・仁和寺の国宝阿弥陀如来坐像および両脇侍立像は、何度仁和寺を訪れても見られなかった傑作と知っていましたので、初めて北物を見ることができ感無量でした。道明寺の国宝・十一面観音菩薩立像は、その流麗な身体の線と衣文の流れは美しく、 “秘仏”と呼ぶのに相応しい美しいお姿に魅せられました。

私は、今回の「仁和寺と御室派のみほとけ」展で最も強く感銘を受けた仁和寺の阿弥陀如来像と葛井寺の千手観音菩薩像について、その比類ない魅力を詳しく監査して、その美しさの秘密を詳しく考察してみました。 ざっとでも読んでいただけると嬉しいです。ご感想・ご意見などありましたら、ブログにコメント頂けると感謝いたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584288/66466060

この記事へのトラックバック一覧です: トーハク特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」行ってきました:

« ロードバイクフォークブレーキ取り付け穴周辺☆傷補修塗装 | トップページ | GIOSロードフレーム傷補修塗装 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ村

  • ブログ村
無料ブログはココログ